防風痛聖散 生漢煎のまとめ

防風痛聖散対策 生漢煎 漢方と西洋医学のスタンスの違い

西洋医学のスタンスの違い

そもそも、そんなに西洋医学は、そんなに早く影響があるのは間違いなのでしょうか?もう効果が出てないので、生漢煎以外の、防風通聖散ですら効かなかったらと思います。

漢方のよさは、薬そのものよりも、証にもとづき「人をみる」という、その見方にあるといっても言い過ぎでないでしょう。

この事例の体のステータスや体質をあらわすのが「証(しょう)」という考えです。

漢方のポイントは、体総体をみるという事です。

これは、煎じ薬を濃縮乾かすさせたもので、デフォルトお湯に溶かすだけで飲めます(部分の専門外来では、生薬のまま調合する事も)。

「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」と呼ばれる漢方薬で、市販ではナイシトールやコッコアポなど、肥満症対策の漢方薬として多くの製薬法人が提供しています。

漢方は、心と体の総体の調子を整え、病を治していくのです。

現時点で、防風通聖散をはじめ約150種類の方剤が保険適応となっていますね。

ハッピーな事に、やっと結果が出はじめました!私の場合、まだまだ残便感が拭えませんが、今後飲み続けていくうちに影響がでていくのでしょうか?期待大です。

 


西洋医学

漢方は、ちなみに、日本にも中国から伝わり、独自の進歩をとげました。

このような道のりは、西洋医学が臓器や組織にきっかけを求めていくのとは正反対です。

病院では、服用が手っ取り早く、即効的な薬が広く使われています。

西洋医学のその起源は遠く2千年以上もさかのぼります。

ダイエットに効きそうな漢方薬には諸々な成果のあるものがあり、その中でも肥満症(ダイエット)に成果のある漢方薬があります。それは、防風痛聖散対策 生漢煎です。

防風通聖散って成果が出るまでどれほど必要になるのかが、やはり気になりませんか?便秘改善を求めて昨日から飲み開始出来たのですが、現在のところ便が出る気配はないのですが、私は体重から効果が現れました。

 

漢方は中国で生まれた総合的な、体系医学ですので、心身ともに改善されて、代謝が良くなってきていると私は考察しています。

太っていることは、病の症状として(肥満症として)だけでなく、一人ひとりの体質も考慮され、しかも適切な運動指導が行われることで、効果的な減量につながるのではないかと思います。